世界戦での日本人選手の活躍|競輪(KEIRIN・ケイリン)情報なら競輪ステーション

競輪初心者講座

その他の自転車競技について

世界戦での日本人選手の活躍

世界選手権自転車競技大会及びオリンピックにおける日本人メダリストのご紹介です。

世界選手権自転車競技大会
金メダリスト/マイヨ・アルカンシエル
中野 浩一
1977~1986年
スプリント(プロ)
俵 信之
1987年
スプリント(プロ)
本田 晴美
1987年
ケイリン(プロ)
石井 雅史
2007年
パラサイクリング/1kmタイムトライアル(CP4)、個人ロードレース(CP4)
藤田 征樹
2009年
パラサイクリング/1kmタイムトライアル(LC3)
銀メダリスト
菅田 順和
1977年
スプリント(プロ)
尾崎 雅彦
1980年
スプリント(プロ)
松枝 義幸
1985年
スプリント(プロ)
松井 英幸
1986、1987年
スプリント(プロ)
神山 雄一郎
1989年
スプリント(プロ)
稲村成浩・齋藤登志信
1990年
タンデムスプリント(アマ)
末政 実緒
2004年
マウンテンバイク ダウンヒル(女子)
藤田 征樹
2007年
パラサイクリング/1lmタイムトライアル(LC3)
2009年
パラサイクリング/3km個人追抜(LC3)
銅メダリスト
阿部 良二
1975年
スプリント(プロ)
菅田 順和
1976年
スプリント(プロ)
菅野 良信
1978年
スプリント(プロ)
高橋 健二
1981年
スプリント(プロ)
俵 信之
1986、1988年
スプリント(プロ)
高橋 健二
1989年
スプリント(プロ)
久保 千代志
1981年
ケイリン(プロ)
北村 徹
1982年
ケイリン(プロ)
滝沢 正光
1985年
ケイリン(プロ)
井上 茂徳
1987年
ケイリン(プロ)
佐古 雅俊
1989年
ケイリン(プロ)
吉岡 稔真
1993年
ケイリン(オープン)
班目 隆雄・井上 三次
1968年
タンデムスプリント(アマ)
盛 一大
2010年
スクラッチ
石井 雅史
2007年
3km個人追抜(CP4)
オリンピック
銀メダリスト
伏見 俊昭・井上 昌己・長塚 智広
2004年 アテネ大会
男子チームスプリント
銅メダリスト
坂本 勉
1984年 ロサンゼルス大会
男子スプリント
十文字 貴信
1996年 アトランタ大会
男子1kmタイムトライアル
永井 清史
2008年 北京大会
男子ケイリン

自転車競技においては、世界選手権自転車競技大会の優勝者に与えられる『マイヨ・アルカンシエル』(チャンピオンジャージ)が何よりもの名誉であり、4年に1度のオリンピック以上に価値の高いものとされています。

『マイヨ・アルカンシエル』は当該種目において、翌年度の世界選手権大会開催前日まで、このジャージの着用が認められ(義務付けられ)、チャンピオンとして1年間君臨し、その栄誉を称えられることとなります。

一方、日本においてはオリンピックの方が知名度が高く、オリンピックメダリストにこそ注目が集まるため、自転車競技発展のためには日本選手のオリンピックでの活躍が必要不可欠なのかもしれません。

しかし、2020年までに国民が自転車競技への関心を高め、東京で開催されるオリンピックでは日本発祥のスポーツ"ケイリン"に誇りを持って応援出来るようになることを願ってやみません。

少しでも"ケイリン"をはじめ自転車競技への関心を高めていただけたならば幸いです。