競輪選手になるには|競輪(KEIRIN・ケイリン)情報なら競輪ステーション

競輪初心者講座

競輪選手について

競輪選手になるには

競輪選手はトップクラスの選手になると年間で1億円以上賞金を稼ぐことも出来ます。
しかしプロの世界は非常に厳しく、またプロの世界に足を踏み入れることすら困難を極めます。

競輪選手は誰でもなれるものではなく、国家試験で競輪選手資格検定に合格しなければなれない職業です。

しかし競輪選手資格検定の勉強は、日本で一ヶ所しかない「日本競輪学校」でしか学ぶことは出来ません。

試験自体は誰でも受験可能ですが、これまで競輪学校に通わずして合格した例はなく、自動車免許を取得するために自動車学校に通うようなものだと思って下さい。

しかし、自動車学校はだれでも入学出来ますが、日本競輪学校には入学試験があり、自転車競技の経験者もしくはすこぶる身体能力が高い人しか合格することが出来ません。

また、競輪学校での訓練も想像を絶する厳しいものであり、強靭な肉体と精神力を兼ね揃えていなければならず、毎年志半ばで退学していく者も少なくありません。1年間の訓練に耐え、見事競輪選手資格検定を合格した者だけが、競輪選手になれるのです。

競輪選手への道のり

競輪選手への道のり
1.日本競輪学校入学

競輪選手に必要な身体・技能・学力・教養を1年間みっちりと学び、競輪選手資格検定への合格を目指す。

ただし、競輪学校への入学は非常に狭き門。

2.競輪選手資格検定受験

身体・技能・学力及び人物において、競輪選手にふさわしいかを判断する試験。

競輪学校を卒業しなくても受験は可能。

3.競輪選手としてデビュー

競輪選手の資格検定に合格した者は晴れて競輪選手として表舞台に立つことが出来る。

しかし、まだここはスタート地点に他ならない。
これから過酷な闘いが始まる!!

目指せKEIRINグランプリ!!

競輪選手は競輪学校での厳しい訓練に耐え、国家試験に合格し、晴れてデビューした後も常に己を鍛え続けなければ活躍することは出来ません。

特にトップクラスの選手達は想像を絶する努力とハングリー精神を常に持ち続け、ひたすら練習に打ち込むのです。
そして、いつしかその努力と向上心が人々の心を動かし、感動を与えることが出来るプロスポーツ選手となれるのです。

日本競輪学校の入学試験は、男子は毎年2回、女子は毎年1回行われておりますので、競輪選手を目指している方は各地区の自転車競技会までお問い合わせ下さい。

詳細はコチラ
http://www.keirin-njk.com/aikou/csc2.html
公営財団法人日本自転車競技会 競輪選手を目指す方へ