選手の階級|競輪(KEIRIN・ケイリン)情報なら競輪ステーション

競輪初心者講座

競輪選手について

選手の階級

選手の階級

2014年現在、競輪選手は約2,700名おり、プロスポーツ選手の中で最も多い人数となっています。

そこには毎年新人としてデビューする選手もいれば、長年活躍するベテラン選手も含まれるので、実力の近い者同士を競わせるために、S級とA級にクラス分けされており、さらにそれぞれ3つの班に分けられています。

選手達は上の階級に昇れるように鍛え、闘い続けていき、ひとつでも多くのタイトルを獲ることを目指します。

S-class

S級S班

S級S班

通称SS選手。
選ばれし9名のトップ選手。

運と実力を兼ね揃えた競輪界最強の9人。
S級S班選手のみが履くことが出来る赤いレーサーパンツが特長。

ほとんどの選手がSSになれずに引退してく程、なるのは難しく、非常に名誉ある階級。

2014年のS級S班選手

金子 貴志選手
金子 貴志選手
浅井 康太選手
浅井 康太選手
長塚 智広選手
長塚 智広選手
平原 康多選手
平原 康多選手
成田 和也選手
成田 和也選手
深谷 知広選手
深谷 知広選手
村上 義弘選手
村上 義弘選手
後閑 真一選手
後閑 真一選手
新田 祐大選手
新田 祐大選手

S級1班

S級1班

通称S1選手。
SSの座を狙う実力者。

約2,700名の競輪選手の中でもトップクラスの実力を持つ有数の選手。
SS選手の座に最も近く、成績次第ではSS選手になれる可能性が最も高い。

A-class
A-class

A級1班

通称A1選手。

A級の頂点に位置する階級。
ここで力を発揮することが出来ればS級選手へとランクアップ出来る。

A級2班

通称A2選手。

競輪選手の一番最初の目標となる階級。
本格的な闘いはここから始まる。

A級3班

通称A3選手。

デビューした新人が最初に配属される階級。
チャレンジ戦と呼ばれる7車立てのレースで闘う。

ガールズケイリン

2012年7月、48年ぶりに復活した女子競輪。

男子の競輪とは若干ルールは違い、自転車競技の"ケイリン"に似ている。

階級はA級2班に位置付けされており、全選手同じ階級であることから、ユニフォームによる階級の判別は出来ない。
ピンクをベースに、車番の色が配色されたデザインが魅力的。

このように、競輪選手は6つの階級に分けられており、6ヵ月単位の成績を元に階級の昇降が行われます。

選手の成績は、レースを走る度に加算される競走得点を元に算出され、1月~6月の前期、7月~12月の後期の6ヵ月間で獲得した競走得点を走ったレース数で割った平均競走得点により決定されます。

獲得出来る競走得点は、レースの着順やレベルによって異なりますが、全てのレースの成績が自分の評価に繋がってくるため、競輪選手は自分の平均競走得点を上げる為に1レース1レースに全力を尽さなければなりません。

競輪選手は完全な実力社会の中で階級を上げていき、ゆくゆくはグレードレースと呼ばれる大きな舞台での優勝を目指のです。