カラフルな勝負服|競輪(KEIRIN・ケイリン)情報なら競輪ステーション

競輪初心者講座

競輪選手について

カラフルな勝負服

競輪の魅力のひとつとして、カラフルな勝負服が挙げられるかと思います。
色とりどりの勝負服を着た選手がレースをする様はバンクに虹がかけられているかのようです。

ではこの勝負服の色はどのように決まっているのでしょうか。

実は、1番車から9番車まで固定で色が決まっているのです。
これは色だけで車番を判別できるようにするためのものです。

各車番の色は下記のようになっています。

1番車
1
2番車
2
3番車
3
4番車
4
5番車
5
6番車
6
7番車
7
8番車
8
9番車
9

では、どの選手が何番車に乗るかはどのように決めているのでしょうか。

これは日本自転車競技会の番組編成委員が決定しています。

特定の車番に対してゲンを担いでる選手もおりますが、選手の要望等は一切ここには介入されることはありません。

ただし、競輪界の最高峰の[GP]KEIRINグランプリでは、車番抽選会が行われ、選手が自らの手で自分の車番を引き当てることになります。

そして、KEIRINグランプリに出場した9名の選手がS級S班選手となり、SS選手は翌年1年間、胸に特別なデザインの入ったグランプリユニフォームを着てレースに出場することになります。

またKEIRINグランプリを制した選手は、グランプリユニフォームを着るだけでなく、1年間常に1番車に固定され、レースを盛り上げるために一役買うことになります。