【GP】被災地支援 KEIRINグランプリ2016/立川競輪場 第11R(A級ガールズGP)

ガールズケイリン女王を決めるガールズケイリングランプリが、KERINグランプリ初日最終レースに行なわれた。レースには今年活躍した賞金上位選手ら7名が集った。

①石井寛子(東京・104期)
②山原さくら(高知・104期)
③尾崎睦(神奈・108期)
④児玉碧衣(福岡・108期)
⑤奥井迪(東京・106期)
⑥梶田舞(栃木・104期)
⑦高木真備(東京・106期)

周回中 ← 1 6 4 2 3 5 7

レースは、打鐘で後方外から奥井が仕掛け、先行体制に。2番手には尾崎、3番手に梶田が収まる。最終バックで7番手の児玉が捲くり勝負にでると梶田も児玉に合わせて発進。最終直線で梶田が奥井を捕らえるとそのまま1着でのゴールとなった。奥井は2着、3着には児玉が入った。

梶田は2014年以来、2度目のガールズグランプリ制覇となった。


梶田 舞選手 勝利者インタビュー◆
本当にありがとうございます。2014年は獲れてビックリといった感じでしたが、今年は自分にプレッシャーをかけて絶対獲るという気持ちできました。本当は前受けが欲しかったのですが、石井さんの気迫に負けてしまって、でも自分の流れを作れるようにしっかり見極めて走れたと思います。最終バックからは捲くりにくる人に合わせて出たら勝てるかな
と思っていたので、児玉さんが来たのでそれに合わせて自分も出ていきました。練習してきたとこをすべて出そうと思って、いきました。立川は100勝を達成させてもらった思い出のバンクなので、ここで日本一になれて嬉しいです。3年しか続かないと言われていたガールズですが、5期生も出て来て来年もまたいい選手も出てくるのは、本当に皆様のお陰だと思っています。吉田沙保里さんや高橋尚子さんのような、人に感動を与えられる選手になり、私を目指してガールズになりたいという選手が沢山出てくれるようになりたいと思っています。これからも応援よろしくお願いします。



1着 梶田舞 13.5 差し
2着 奥井迪 逃げ
3着 児玉碧衣

2車単 6-5  1,700円(6番人気)
3連単 6-5-4 4,460円(15番人気)

※結果・成績・払戻金等のデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。

詳細な結果はこちら