YABEKE

競輪はまだまだ初心者ですが、賭け事は全般に大好きなので、ジャンルを問わず「ギャンブル日記」として綴っていきたいと思います。

また、私だけじゃなく矢部家族の「勝負」も楽しくリポートしますので、賑やかな「矢部家模様」も一緒にお楽しみください!



こんにちは。いよいよ今年もあと数日です。
皆さん、今年はどんな1年でしたか?
良いこと悪いこと、喜んだり泣いたり悔んだり…また、「気づき」などもあったのではないでしょうか。

私にとっても2016年は感情が溢れる1年でした。
まず、仕事で2度の事務所の移籍があり、今後の方針もより深く考えるようにもなりました。その中で新しい方々との出会いに恵まれ新しい仕事もスタートしました。まだ、思い通りに出来ない場面もありますが、それでも、「継続は力なり」という言葉通り必ず力になるものだと信じて前進あるのみと思っています。

プライベートでは10月に子宮筋腫の手術をしました。当初、開腹手術の予定で進めていましたが、まわりの方や先生方と再度話し合った結果、急きょ負担が少ないと言われている切らない手術法UAEと言う手術で行うことになりました。
これまで大きな病気をしたこともなければ比較的健康だと思っていた自分がいざ手術をするとなると恐怖が押し寄せたりもするもので…
来年、40歳になる自分自身の為にももう少し身体のことを考える時間も作らないといけないと思いました。健康診断や人間ドックも来年からは健診するように心がけたいと切に思います。

さて、今年の大一番が目白押しの公営レース。
終わりよければすべてよし!をスローガンに年末総決算のレースの予想&勝負します!!
これをやらないと年を越せまんからね(笑)!

25日の有馬記念から始めますよ。2016年有馬記念ファン投票1位にも輝いたキタサンブラック。この馬に最も注目がいくのは間違いないでしょう。鞍上は天才武豊騎手。
キタサンブラックは演歌歌手の北島三郎さんの所有馬で2015年の日本ダービー14着以外は全て3着以内の成績を収める最強馬なんです。
前走のジャパンCでは積極的にハナを奪って主導権を握ると、そのままマイペースに持ち込んであっさりと逃げ切ってしまいました。今年は天皇賞春、ジャパンカップを勝利。ここを勝利すれば年度代表馬確定でしょうね。
と言うわけで枠順も決まりましたし買い目も発表します。

なんと、キタサンブラックまたも内枠・1枠1番に決まりました。神ってます!
相手はサウンズオブアース。長くいい脚を使えるので逆転があればあの馬がキタサンを捕らえる可能性が高いと思います。
3歳馬は唯一この1頭のみサトノダイヤモンド。
サトノダイヤモンドは菊花賞を優勝して初の古馬との対戦になります。力関係が読めないだけに押さえなくてはいけない1頭になります。
ゴールドアクターは去年の有馬記念の優勝馬で中山コースの成績は優秀。キタサンをみながらレースが出来る同馬ならチャンス到来です。
穴にいつも入れているアドマイヤデウス。2回も骨折を乗り越えて今もなお活躍しています。前走も11番人気ながら6着と健闘しましたしロスなく走って一発を狙ってほしいです。

買い目馬連1から2.6.10.11の4点。
3連単
1着1.
2着2.6.10.11.
3着2.4.6.10.11.13.14の24点。

競輪グランプリ2016は平原康多選手!
競輪祭でみせた勝負強さ、巧みなレース運び、そして集中力が切れない精神力は見事でした。
一年かけてGPの切符を獲得した9選手競うわけですが、残りの枠をかけてグッとモチベーションを高めたのも平原選手にように思います。
近年、単騎の選手の活躍も印象的ですよね。
今年も一筋縄では決着しない気がして、
平原康多選手、武田豊樹選手、新田祐大選手、中川誠一郎選手のボックス勝負です!

恒例のオートレース大晦日決戦は川口オートレース場に行きます。
今年は船橋レース場が廃場になったとて各支部の再編成が行われたことが印象的でした。
さらにその船橋から浜松に移籍した鈴木圭一郎選手はじめ、伊勢崎への青山周平選手、川口への中村雅人選手。皆さん大活躍です。
でも、私はあえて高橋貢選手を応援します。
出場選手の中では最年長ですが10週戦ではテクニックが必要です。11月のSGでも追い上げの3着と絶対王者の威厳を見せました。スーパースターは貢選手と先の若手を絡めた車券にします。
ブログでもアップしますね!

それでは皆さま、馬券車券を当てて良い年を迎えましょう!!



今年レギュラーでお仕事させいただいた総合格闘技パンクラスで!




矢部美穂