【GⅢ】被災地支援 岸和田キング争覇戦/岸和田競輪場 第12R(S級決勝)

近畿勢が6名決勝に進出し、近畿2分となった岸和田競輪最終日、決勝。人気は地元大阪勢に集まった。

①稲川 翔(大阪・90期)
②山崎 芳仁(福島・88期)
③村上 義弘(京都・73期)
④三谷 竜生(奈良・101期)
⑤古性 優作(大阪・100期)
⑥篠塚 光一(兵庫・90期)
⑦林 巨人(愛知・91期)
⑧柏野 智典(岡山・88期)
⑨脇本 雄太(福井・94期)

周回中 ← 436 7 28 951

レースは、残り2周回で脇本が早めに車をあげると、三谷も反応してあわせるが、打鐘で脇本が前にでて主導権を獲得。最終バックで4番手から三谷が捲くりにかかり、脇本の番手にいた古性も三谷に合わせて踏み出し、三谷を振り切って1着となった。2着には三谷の間をこじあけ古性の後ろにいた同じく地元の稲川が入り、三谷は3着となった。

古性は記念初優勝を地元岸和田バンクで飾ることとなった。


古性 優作 選手 勝利者インタビュー◆
連日先輩の選手たちに助けていただいて、しっかり決勝戦に残ることができ、決勝も近畿がいっぱい乗ったのですが力勝負をして結果が残せたので嬉しいです。特別競輪で常に決勝に乗り続けことが大切だと思っているのでこれからも頑張りたいです。



1着 古性 優作
2着 稲川 翔
3着 三谷 竜生

2車単 5-1   360円(1番人気)
3連単 5-1-4 2,500円(5番人気)

※結果・成績・払戻金等のデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。

詳細な結果はこちら