【GⅢ】和歌山グランプリ/和歌山

これまで積極果敢に力勝負を仕掛けていた小原太樹(神奈・95期)だったがその分、大敗も多かった。


「感じがよくなったのは、流れに沿って仕掛けるようになってから」

引用元:SANSPO.COMhttp://race.sanspo.com/keirin/news/20150112/krnnws15011204550008-n1.html



と振り返る。
一次予選は捲り追い込み、二次予選も強引にはいかず、流れを見てバック6番手から力をためて直線猛襲した。


「(記念で)準決勝(第11R)進出は初めて。渡邉晴智さんの前で自力勝負」

引用元:SANSPO.COMhttp://race.sanspo.com/keirin/news/20150112/krnnws15011204550008-n1.html



と改めて気合を込めた。