【GⅢ】和歌山グランプリ/和歌山

武田豊樹(茨城・88期)が恒例の和歌山記念から新年をスタートする。

昨年の前半戦は厳しい状況が続いたが、後半戦は前橋オールスターで優勝。初のGP制覇を成し遂げるなど、しっかり巻き返した。先行、マーク戦と何でもできる総合力はNO.1。今年も輪界を引っ張っていく存在であることは間違いない。

ギア規制に関しては


「対策は何もできなかった。それをやる時間がなかった」

引用元:nikkansports.comhttp://www.nikkansports.com/race/public_race/keirin/wakayamagp/2015/news/f-rc-tp0-20150109-1419476.html



と話し、前検の練習後にセッティングを確かめた。

前検日に41歳の誕生日を迎え、新年初戦の勝利で自らを祝いたいところだ。
初日特選第12Rは自力主体の攻めでファンの期待に応える。