【GⅡ】サマーナイトフェスティバル /松戸

《初戦を振り返って…》
浅井康太(三重・90期)

予選第8Rは小松崎-伏見-諸橋が上昇してくると赤板から合わせて前に踏み小松崎の番手で粘る。打鐘の2センターで、あっさりと伏見をいなし、小松崎の番手を奪い取って最終ホーム。バックで捲り上げてきた原田に合わせて3角で小松崎の番手から出る。マークの大塚健一郎に差しを許さない好走。


◆浅井◆「(小松崎か原田の)どっちかを行かせて中団から捲ればいいいか…と思っていたんですけどもね。(小松崎が)ゆっくりと押さえてきたんで…これはもう粘るしかないと。もっと早く流れていれば引いて中団でしたけど、赤板では引けない。インで粘ったのは初めてですよ。流れている中で番手とか3番手に(入り込む)…というのはこれまでにもありましたけど、意図的にやったのは今回が初めてですわ。」

引用元:SANSPO.COMhttp://race.sanspo.com/keirin/news/20140809/krnnws14080904590004-n1.html