ボティシャー バンクレコード/小田原競輪場

カテゴリ [競輪ニュース] [小田原競輪] [S級]
コメント コメント 0
投稿日時 2014/07/16(水) 11:37
報知新聞社杯【FⅠ】/小田原

初日第10Rシュテファン・ボティシャー(ドイツ)が上がりタイム8秒7の日本新記録をたたき出した。

従来の33バンクの記録は1995年8月8日小田原で山田裕仁(岐阜・引退)が出した8秒9で、コンマ2秒更新した。
ボティシャーには小田原市から敢闘賞(23,000円)が贈られた。

一方、ボティシャーの33バンク日本新記録を最も近くで見ていたのが井上辰也(岡山・86期)だ。
ボティシャーの捲りに追走していったが、2センターで一気に突き放された。


「ボティシャーがバックで一瞬内に切り込む動きをしたので、自分も内を見てしまった。その時に離れた。悔しい。付いていけば自分も8秒台はあった。」

引用元:nikkansports.comhttp://www.nikkansports.com/race/public_race/news/f-rc-tp1-20140715-1335111.html



と、悔しそうに振り返った。

結局2着に流れ込んだが、それでも自身の上がりは9秒フラット。


「実は彼は選手紹介の時にペダルが外れて落車しそうになっていた。あそこで転んでいたら日本記録はなかったでしょう。」

引用元:nikkansports.comhttp://www.nikkansports.com/race/public_race/news/f-rc-tp1-20140715-1335111.html



と裏話を明かしていた。

関連記事

山中秀將 記念初V/四日市競輪場
ガールズケイリンコレクション2017出場選手決定/京王閣競輪場
【G1】全日本選抜競輪 決勝地上波TV放映
渡邉 一成 地元記念V/いわき平競輪場

この記事へのコメント

投稿者 投稿者入力 さん
コメント
0/500