【F2】ミッドナイト競輪 競輪ステーション杯/玉野競輪場 第7R(A級チャレンジ準決勝)

準決勝最終レースとなる第7Rは地元野見泰要(岡山・101期)が人気の中心になった。

レースは残り2周回で抑えられた地元勢は6番手まで車を下げてしまうが、最終2コーナー過ぎ、野見が捲くりにかかるが、小畑大臣(岡山・74期)との連携が離れてしまう。外を回って逃げる吉川4コーナー過ぎでも捕らえられなかったが、直線で僅かに抜け出して1着を獲得した。

1着 野見 泰要 12.4 捲くり
2着 前島 恭平 差し
3着 中条 憲司

2車単 1-2  1,570円(7番人気)
3連単 1-2-3 5,570円(19番人気)

※結果・成績・払戻金等のデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。

詳細な結果はこちら