【GⅡ】共同通信社杯/富山競輪場 第10R(S級一次予選)

レースは青板周回、バックで単騎の古性優作(大阪・100期)が上昇し木暮安由(群馬・92期)をおさえる。続いて渡邉雄太(静岡・105期)が上がって先頭に代わると、木暮が早々に戦線離脱、乱れる関東ライン。最終周回、4番手から伊藤裕貴(三重・100期)が捲くりに出ると、番手の松谷秀幸(神奈・96期)が牽制。そこを5番手から西村光太(三重・96期)が捲くる。合わせて古性も上がり、直線コースで古性が西村を差して1着となった。


古性 優作 選手 勝利者インタビュー◆
ありがとうございます。展開が良かっただけです。単騎でも自力しっかり出し切ってと思って自分でレース作ってと思いました。最終バックで詰めが甘いところを見せてしまって展開的にたまたま入れたんで良かったです。新しいセッティングもいい感じなんで明日も頑張ります。応援ありがとうございます。明日も精一杯頑張ります。応援してください。


1着 古性優作
2着 西村光太
3着 武田豊樹

2車単 5-6   8,770円(29番人気)
3連単 5-6-7 55,940円(126番人気)

※結果・成績・払戻金等のデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。

詳細な結果はこちら