梅は百花の魁
輪舞繚乱、和歌山の陣

開設66周年記念 和歌山グランプリ GⅢ/和歌山競輪場

 和歌山競輪場で開催された開設66周年記念「和歌山グランプリ」は、決勝戦が最終第11Rで争われ、郡司浩平(神奈・99期)が大外一気にまくり追い込んで記念初優勝を成し遂げた。

第11レース S級決勝2025m(5周)先頭固定競走

① 東口 善朋(和歌・85期)
② 田中 晴基(千葉・90期)
③ 稲垣 裕之(京都・86期)
④ 西岡 正一(和歌・84期)
⑤ 松浦 悠士(広島・98期)
⑥ 森川 大輔(岐阜・92期)
⑦ 村上 義弘(京都・73期)
⑧ 稲毛 健太(和歌・97期)
⑨ 郡司 浩平(神奈・99期)


周回中 ← 92 814 5 37 6

 和歌山勢が主導権を奪って最終ホームを通過。中団に構えた稲垣が2コーナーからまくるも、2センターで東口に併され出切るまでに至らない。二分した近畿勢の攻防戦を見据えた郡司が、最終バック7番手から鮮やかなまくりを決めて和歌山記念を制覇。自身初となる記念優勝を飾った。


◆郡司 浩平◆
率直に嬉しいの一言です。まさか自分が。せっかくの機会だったので優勝できて嬉しいです。後ろに晴基さんがついてくれたおかげです。これからもラインのことを思って走りたいと思います。(地元勢は)やっぱり地元なんで気合入ってるなと。あとは近畿勢にやられないようにと。脚の状態は良かったです。これからの糧にもなりますし、自信にもなりました。まだまだ上を目指せると思うんで、もっと上のレースで活躍できるように頑張ります。これからも自分の力出し切って走りたいと思います。また応援宜しくお願いします。


1着 ⑨郡司 浩平 2着 ②田中 晴基 3着 ①東口 善朋
  決まり手 捲り

2車単 9-2 2,750円 3連単 9-2-1 17,230円

※結果・成績・払戻金等のデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。

―詳細結果&レースリプレイ―

■郡司 浩平の次走
2016/01/27(水)~2016/01/29(金)
第14回笹田伸二杯争覇戦 FⅠ/小松島競輪場