【FⅠ】/立川競輪場 第11R(S級決勝)

最終日決勝第11R。西村光太(三重・96期)の先行で周回を重ねると、赤板7番手から菅田壱道(宮城・91期)が上昇するが、つっぱる西村。後方から馬場和広(埼玉・98期)が抑え込んで打鐘を迎える。馬場がペースを上げて最終周回に入る。逃げる馬場に4番手から捲る西村だが不発に終わる。直線コース、番手から飯嶋則之(栃木・81期)が抜け出すが、3番手から鋭く伸びた佐藤悦夫が交わして1着となった。
佐藤は昨年12月5日の【F1】別府以来11ヶ月ぶりの優勝となる。


◆佐藤悦夫選手勝利者インタビュー◆
ありがとうございます。馬場君も調子良かったし、飯嶋さんもしっかりしていて、安心して回れました。昨日・一昨日と走って結構いけると思って、自分のコースさえあればチャンスがあると思いました。地元地区なんでたくさん声援をいただきました。今日は3番手からなんとか優勝できました。これからもっと上を目指して頑張りたいと思います。応援宜しくお願いします。


1着 佐藤悦夫 2着 伊藤大志 3着 飯嶋則之

二車単 9-5   10,240円(35番人気)
三連単 9-5-1  28,020円(80番人気)

詳細な結果はコチラ 
※結果・成績・オッズ等のデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。

■佐藤悦夫選手の次走
11月12日(木)より開催の【GⅢ】国際自転車トラック競技支援競輪/豊橋競輪場