和歌山グランプリGⅢでの輝き。

カテゴリ [競輪博士 岡本新吾]
GOOD・コメント GOOD 317 コメント 25
投稿日時 2017/01/17(火) 12:38

紀州の競輪博士 岡本新吾

 35年競輪人生を終えて現役時に経験した独自の体験を生かし、選手の心理・レースの流れを読み調子状態を判断してレース予想し、ヒューマンスポーツ競輪のおもしろさをわかりやすく伝えたい競輪命の競輪博士です。
 CS・イベント・ガイダンスやってます!ファンのみなさんと和を持ってやって行きたいのでよろしくお願いします。



 開設67周年記念和歌山競輪グランプリGⅢレースは、今年始めの立川GⅢレースに続いて1月8日から1月11日まで開催されました。年末グランプリで優勝した村上義弘選手、準優勝の武田豊樹選手、3位の浅井康太選手と、栄冠を勝ち取り、表彰台に立った3人が揃って和歌山競輪に出場するのは、今までになく、初めての事でした。豪華なメンバーでしたので、私も今年の始めから胸がときめき、待ち望んでいました。


 初日から生憎の雨にも関わらず、大勢の関西の競輪ファンのお客様で賑わってしました。初日・2日目は内林久徳(62期・引退)さんとレース予想イベントでお客様を盛り上げて、イベントが終了した後も1階、2階、3階で声をかけてくださったお客様一人一人に対応をさせて頂き、推奨する選手や狙い目のレースを予想して走り回ってしました。3日目、4日目は、1R~6RまではCSで全力の開設をし、エンジン全開でした。


 初日から地元和歌山の選手達が気迫のこもったレースをし、今年からS級昇格の石塚輪太郎(105期)選手が若手らしく豪快に4日間先行で②⑥②⑧と、全国のファンの皆様にアピール出来たと思います。藤田勝也(94期)選手もS級に返り咲き、⑤②⑨②とインパクトのあるレースをしてくれました。中野彰人(93期)選手は、⑥①①④、布居寛幸(72期)選手に至っては、①①落とアクシデントで転倒して気の毒でしたが、二人とも2勝してくれたので、地元和歌山のファンを喜ばせてくれたと思います。西岡正一(84期)選手は、2年連続手決勝進出を果たし、地元の意地で3着に入ってくれました。稲毛健太(97期)は2年連続決勝に乗っていたので、3年連続の進出をして活躍してほしいと思っていたのですが、残念ながら敗退しました。来年は今年の悔しさを糧にして、より成績を上げてもらいたいと思います。


 また今節は4月に49歳になるレジェンド神山雄一郎(栃木・61期)選手も参加していました。去年の夏以降から調子が余り振るわなかったので、話をすると、神山選手は「これからです。種を蒔いてから芽が出て、花が咲くまでどのくらいかかるか分からないが、楽しみです。」と笑みを浮かべながら淡々と語ってくれました。49歳になるのにまだ上を目指している神山選手は、私では考えられない世界の人間だと思いました。精神的にも肉体的にもスポーツ選手では遥か限界を越えているはずの年齢です。解説をしている元グランドスラマーの井上茂徳(41期・引退)さんに聞いてみますと、「ありえない事です。」と返答してくれました。井上さんは40歳で心身ともに限界を感じて引退されています。


  グランプリ王の村上選手は、42歳で和歌山GⅢレース決勝戦、京都の後輩の藤木裕(京都・89期)選手を後ろに置いて、近畿4人の先頭で迷いのない思い切った全開の先行で戦いました。レースはSS級の中川誠一郎(熊本・85期)が捲って優勝をしました。私は記者席から直接観ていたのですが、村上選手から炎の塊が見えました。グランプリを獲り、色々忙しく大変で、納得出来る練習や気持ちの整理をする日数もなく、和歌山GⅢレースを走っていたにもかかわらず、本当に素晴らしい最高のパフォーマンスを披露してくれたと思います。レース後、記者さんのインタビューに「先行でももっと戦えるように頑張ります。」とサッパリと語りました。言い訳もせずに前向きに競輪界No.1グランプリ王らしい言葉だったと思います。


 かつて40歳を越えて神山選手、村上選手のような、心・技・体を超越している競輪選手はいなかったです。子供さんから年配者の方まで競輪ファンの層を幅広く浸透して行ってほしいです。競輪を誰もが知るメジャーな後援ギャンブルにしてもらいたいと思います。

関連記事

気文字
全日本選抜競輪G1レース
競輪選手の心構え

この記事へのコメント

投稿者 投稿者入力 さん
コメント
0/500
1:武豊 さん 投稿日:2017/01/17(火) 14:47

45~50歳だけで番組組めたら神山雄一郎がダントツ君だろうね👲

不適切なコメントを通報する 24
2:井上 さん 投稿日:2017/01/17(火) 17:31

和歌山競輪、グランプリ王らしい堂々としたレースで感動しました。40歳過ぎて先行で戦うなんてすごいと思います。

不適切なコメントを通報する 30
3:競輪 さん 投稿日:2017/01/17(火) 17:44

神山選手は、本当にいつも前向きです。40歳後半でまだ何かやり遂げようとしていますからね!

不適切なコメントを通報する 21
4:オレンジ さん 投稿日:2017/01/17(火) 18:05

和歌山競輪G3、和歌山選手達は、良く頑張ったと思います。レベルアップして来てこれからが楽しみだと思います。

不適切なコメントを通報する 12
5:又三郎2015 さん 投稿日:2017/01/17(火) 18:20

仰る通りと思います。

不適切なコメントを通報する 9
6:ジュ―リーム さん 投稿日:2017/01/17(火) 19:10

神山選手は別格ですね

不適切なコメントを通報する 23
7:ハッピー小倉 さん 投稿日:2017/01/17(火) 20:57

>>6 私もそう思う。神山は、常識では考えられない選手だから!

不適切なコメントを通報する 22
8:東京人 さん 投稿日:2017/01/17(火) 21:09

村上選手は、ドラマを作ってくれますよ!40歳過ぎてS級上位レースで先行で戦うって今までなかったです。ファンが、多いのが分かります。

不適切なコメントを通報する 32
9:名無し さん 投稿日:2017/01/17(火) 22:33

村上は凄いよ。尊敬に値します。
それに引き替え、村上が逃げて藤木がガードしてる隙を突いて
相当早めにインを攻めた3番手の三谷将太のレースはどういう評価だったのでしょうか?
あれは3番手を固めた選手として評価される行動だったのでしょうか?
誰も何も記事にしないのでここに書き込みました。
あれが許されるのならラインなんて不要でしょう。
非難されるべき愚行です。

不適切なコメントを通報する 27
10:マレちゃん さん 投稿日:2017/01/18(水) 05:07

仰る通りと思います。

不適切なコメントを通報する 14
11:きたのそら さん 投稿日:2017/01/18(水) 12:13

>>9
私の見解は名無しさんとは違って
三谷選手の判断は正しかったと思います。
三谷選手の後ろは地元の西岡選手です。
そしてその後ろには、単騎の木暮選手がいました。
三谷選手があのタイミングで前に踏んだことで
西岡選手も3着に入れたと私は感じました。
藤木選手もレース後、けん制後戻ろうと思ったけど
自分に脚が無くて戻れなかったとコメントしてますし、
西岡選手は西岡選手で、藤木選手と接触しなければ
三谷選手を差せたとコメントしていたと記憶しています。
私的には今回の近畿の並びは意外でした。
でも、近畿から優勝を!という思いは強く感じました。
村上選手も、そういう思いで先行したと思います。
間違ってるかもしれませんが、素人の私にはそんな風に見えました。
岡本博士の見解を聞いてみたいですね。

不適切なコメントを通報する 17
12:6-全-金 さん 投稿日:2017/01/18(水) 13:33

年齢に関係なく、先行で戦うのは尊敬します。
年齢を衰えと感じさせない努力をしているのはスゴイことです。

不適切なコメントを通報する 24
13:名無し さん 投稿日:2017/01/18(水) 18:57

>>9
引退した元支部長と一緒にレースを見ましたが、あそこで藤木の戻りを待っていたら三谷と西岡はかなり長いバックを踏むことになり着外に沈むことになったとのこと。前に踏むことはやむなしだそうです。優勝戦だということも加味すれば間違いだとは思いません。

不適切なコメントを通報する 7
14:又三郎2015 さん 投稿日:2017/01/20(金) 09:52

村上選手の凄さはレースを見ていればはっきりします。

不適切なコメントを通報する 14
15:名無し さん 投稿日:2017/01/20(金) 10:56

>>7  神山選手、最近は4角からの伸びがないのが、気になります。又、外を張るのは良いのですが、内を開け過ぎで後ろの選手に差されています。過信は禁物、後閑選手が要注目です。メンタル面の強化がすごいのです。

不適切なコメントを通報する 5
16:名無し さん 投稿日:2017/01/20(金) 23:53

若手が育たない~神山とか後閑とか村上義弘兄さんが凄すぎて

不適切なコメントを通報する 1
17:名無し さん 投稿日:2017/01/21(土) 09:18

>>11  同感です。競輪は、団体戦ではありません。個々に、1着になる権利があるのです。

不適切なコメントを通報する 5
18:神山雄二郎 さん 投稿日:2017/01/22(日) 16:18

まさかの還暦までS級とか・・・はないですね

不適切なコメントを通報する 11
19:篠田サンイチロウ さん 投稿日:2017/01/22(日) 18:35

>>17
私もそう思います。選手に車券が買われています。選手も生活がある。何処で踏むか、難しいです。

不適切なコメントを通報する 3
20:名無し さん 投稿日:2017/01/23(月) 21:04

>>11 きたのそら さん
村上選手は今まで前で頑張ってる脇本選手や近畿の若手選手をそういうつもりで差していたのですね?
番手でラインの為に頑張っている選手がいても、勝つこと優先で頑張っていたのですね。
一番のファンがそういう目で見ていたのなら一番残念に思うのは村上選手ではないですか?

近畿の選手は誰も賞金とか、1着が欲しいために頑張っている雰囲気は感じないです。
ラインの為に、ラインの誰かの為にと思って走っているからみんなが応援するのだと思います。
それが伝わらないのなら村上選手の逃げも無駄になったという事ですね。

不適切なコメントを通報する 5
21:名無し さん 投稿日:2017/01/25(水) 13:06

>>20 トップ選手で1着を狙わない選手は、情けないですね。一番困るのは、ある選手を上位着にするために自分が犠牲になること。赤板から暴走気味に後続を引っ張って自分は、着度外視のレースをすること。その選手も人気になっていることを忘れているのかと思うこと。近畿選手がどうのこうのより、誰も1着をなるために最善を尽くしてもらいたいのです。賞金はついてくるだけだよ。

不適切なコメントを通報する 3
22:名無し さん 投稿日:2017/01/25(水) 13:15

博士殿  神山選手をべた褒めですね。私もファンです。競輪のレジェンドだと思います。でも力は相当落ちてます。4角からの走りが物語っています。何が種をまき、花を咲かせようとしているのか、伝わってこないです。練習方法を変えた、トレーニングに何かを取り入れたとか、聞こえないです。軽口で言われたと思うのは、私だけでしょうか。神山選手に大きな期待をかけるのはやめて、好きなように走ってもらいたい。

不適切なコメントを通報する 3
23:いのしし侍 さん 投稿日:2017/01/29(日) 10:05

神山選手の衰えを感じる昨今ですが、スポーツ選手の引き際にはちょっと考えさせられます

不適切なコメントを通報する 1
24:魔子 さん 投稿日:2017/01/30(月) 15:24

そうですね。

不適切なコメントを通報する 0
25:6-全-金 さん 投稿日:2017/01/30(月) 17:02

レジェンド神山選手はこれからも頑張って欲しい。
40歳を過ぎて自力先行型の選手はほとんどいません。
これからもレジェンドの進化に期待します。

不適切なコメントを通報する 4
ライブ映像